FC2ブログ

プロフィール

亀石屋店長

Author:亀石屋店長
カーボンファイバーなどを用いてソーラーカーや電気自動車を作ったりしていました。多くの人が「欲しい!」っとか「かっこいい!」っと思うものには魅力を感じないヒネクレモノです。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


fc2アクセス解析タグ


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワゴンR に LED電球を取り付けてみた。
LEDランプ亀石屋の33LEDアンバー
もとの状態がこれ↓
wagon_r0001.jpg

でLED電球をいれると こうなる
wagon_r0002.jpg

LEDは消灯時には透明だからなんかスッキリ ( ̄ー ̄)ニヤリ

点灯の様子。

wagon_r0006.jpg


っで純正バルブと比較
wagon_r0005.jpg

左が純正、右がLEDね。
ちなみに自然光はLED側のほうが明るい状態での撮影。
これが写真じゃなかなか感じがでないんだけどLEDはスパッっとついて
スパッっと消えるのでとても歯切れがいい感じ。
そのほうが注意が向くようだね。
純正バルブはボワッっと点くのでなんかかったるい。

どっちが明るいと感じるか数人に聞いたけどみんな考え込んでた。
電球単体で点灯するとみんなLEDのほうが明るいというんだけど、クルマに取り付けると反射板とかの設計がLED用にはできていないからLED電球にはちょっと不利かな。

点灯の仕方も違うし一概にはどっちが明るいとは断言できないみたい。それに同じLED電球でもクルマによって印象がだいぶ違うんだよね。

透明レンズじゃなくてオレンジレンズだとほとんどの人がアンバーLEDのほうが明るいというのは赤LEDと同じだ。

次はなんのクルマにつけようかなー (≧∇≦)/ ハハハ

コメント

こんにちは!LED球はリフレクターの形状によっても明るさが左右されるみたいですね~!デミオの様に小さくて、丸い形の物が向いているんですかね?

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lifedevelopment.blog40.fc2.com/tb.php/4-f2b6863b

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。